前へ
次へ

家族葬はいろいろな考え方ができる

家族葬とは基本的に形式が定まっているというわけではなくかなり自由度が高いタイプの葬式であるといえるでしょう。
宗教的な価値観なども含めてできれば生前から話し合いをしておくというのがベストです。
これだけはやってほしい、ということもあるでしょうし、こんなことはしなくてもいいというような故人の宗教観があるわけでそれに合わせて行うことができるのが家族葬の強いです。
密葬というわけでもないので、家族葬と言っても親子、夫婦、孫関係とかその程度しか呼ばないというようなこともあるでしょうし、そうではなくて親しかった親類縁者くらいは呼ぶと言う事もあります。
ある種のお別れ会のような側面を出すこともできるでしょうから、オリジナリティーの高い葬儀をつくりあげていくことも可能なわけです。
そういう考え方に基づいて、こうした方式の葬儀を選択するということは十分にありでしょう。
何より費用がかなり安くできるようになりますからそこが利点です。

Page Top