前へ
次へ

家族葬で大切な人を心を込めて見送りましょう

最近、昔のように大掛かりな葬儀よりも家族だけで行う家族葬に参列する機会が増えました。
葬儀の規模としては小さいですが親族や、ごくわずかな知人だけで行う家族葬は、大切な人を心を込めて見送ろうという気持ちが感じられます。
実は我が家でも葬儀の事が時々、話題になります。
両親が高齢なので自分の葬儀の事が心配だからです。
私の父親などは葬儀など必要ないと言いますが残された家族としては今までお世話になった父親に感謝の気持を込めて小さくてもいいから心のこもった葬式を行いたいと考えています。
だから私は家族葬にとても興味があります。
私の両親の葬儀の時も人数は少なくてもいいから故人の事を本当に大切に思ってくれていた人たちと一緒に心を込めて見送りたいと考えています。
それに家族葬なら故人の希望通りの葬儀を行う事も可能です。
一般葬では葬儀のスケジュールが詰まっていて、ゆっくりと故人の思い出を語る時間もありません。
しかし小さなお葬式なら家族や知人と、ゆっくり故人の思い出を語り合いながら心を込めて見送る事が出来ます。
私も家族と相談しながら本人の希望通りの葬儀について色々と考えていきたいです。

Page Top