前へ
次へ

家族葬にしてよかった理由はこれ

家族葬を選んだのは、祖母に祖父とゆっくりお別れをさせてあげたかったからです。
しばらく入院生活が続いていましたが、祖母も年齢があるので毎日病院に行くことはできず、あまりゆっくり一緒にいることはできなかったと思います。
無口な祖父で、元気なころは祖母と出かけたこともほとんどなかいくらいでしたが、病院に入ってからは祖母の存在のありがたさを身に染みて感じたようで前よりずっと話をするようになったと言っていました。
家族葬にしてくれと祖母に言ったのも本人のようで、お金をかける必要はないからというのが理由だったようですが、本当は祖母にしっかり見送ってほしかった言い訳だと思います。
祖母に大丈夫か聞いたときには、もうこの年になるとなんだって受け入れられると穏やかに笑っていました。
それでもずっと静かに祖父の顔をみつめていた姿をみて、この貴重な時間をつくることが、何より祖母にとって大切なことだったのだと、それが祖父のやさしさだったのだと感じました。
誰もよばないと寂しくなるのではとも最初は思いましたが、やはり信じて選んでよかったです。

Page Top