前へ
次へ

家族葬はどうやって通知すると良いか

家族葬を行う場合は、ゲストに対して通知しなければなりません。
故人の関係者に対して、本人が他界したという旨を伝える必要があります。
ところで葬式に関する通知は、郵送しないのが一般的です。
郵送ですと、どうしても時間がかかってしまうでしょう。
そもそも郵便物は、即日に自宅に届けるのは著しく困難です。
郵便事情がありますから、基本的には数日ぐらいかかってしまう傾向があります。
郵便物が届いた頃には、葬式が終了している可能性がありますから、郵送にしないのが一般的です。
基本的には、やはり電話をかけるのが一番良いでしょう。
親族に対して電話をかけて、来て欲しいという旨を伝える訳です。
ちなみに葬式に参加するかどうかは、ゲストが選ぶことはできます。
何らかのやむを得ない事情がある時などは、参加できない事もあるでしょう。
その場合は、通知してきた本人に対してやんわりと断る必要があります。
ちなみに電話でなくても構いません。
状況によっては、メールの方が好ましい事もあります。
というのも、相手が忙しい可能性もあるからです。
相手が仕事中の時間帯に電話をかけてしまいますと、かえって迷惑になってしまう可能性もあります。
その場合は、むしろメールにする方が良いケースもあります。
もしくはコミュニケーションアプリです。
いわゆるチャットのようなアプリですが、それでもメールと同じく通知を受け取る事はできますから、活用してみると良いでしょう。
基本的に家族葬の通知は、何か決まった方法がある訳ではありません。
電話でもメールでも構いませんが、いずれにせよ急ぎで来てもらう必要がある以上は、郵送にしない方が良いでしょう。
ちなみに親族の人数が多い家庭の場合は、全員に対して通知しきれない事があります。
その場合は、後日にも通知しておく必要があります。
ちなみに葬儀業者に依頼しますと、その通知を代行してもらう事もできます。
色々忙しい時は、専門業者に依頼してみると良いでしょう。

企業のSDGsの取り組みをサポート
一般社団法人SDGsアントレプレナーズが提供している研修コンテンツはeラーニングでも受けることができます。

アートフレア株式会社は大阪・横浜のホームページ制作会社です。

スポーツのために補助金・支援金を提供します

保険無料相談サービスを受けてプレゼントキャンペーンに申し込もう

ホームステイできるように後押ししてくれる留学UK

Page Top