前へ
次へ

家族葬は親しい人のみ参列することになる

家族葬は少人数で葬儀を行うわけですが、参列する小人数に該当するのが家族と故人と親しい友人になる可能性が高いです。
きわめて少人数になる可能性が高いですが、そこで問題になるのが誰を参列させ、誰を参列させないのかという線引きです。
その線引きがうまく行かないが故にトラブルに発展するということがあります。
親戚や故人の友人の中には亡くなったことすら知らされないということで、クレームになることがあります。
故人との別れに立ち会うことができない人が出てくるということです。
こういうクレームは家族葬に参列できないことによるものより、亡くなったことを知らせてくれないことによるものが多いです。
家族葬を行うのであれば、亡くなった人の交友関係を知っておくということが必要になります。
その中で呼ぶ呼ばないということを線引きした上で、呼ばないと決めた人については事後報告ではなく、家族葬を行うということを知らせたほうがトラブルになりにくいです。

Page Top