前へ
次へ

家族葬を行う際の注意点

小規模な葬儀になる家族葬は、一般的な葬儀を行う場合と比べて大きな違いがないという点が一つの特徴になります。
とは言え、一般葬よりも費用が高くなることもあるため注意が必要です。
家族葬の費用には葬儀一式の他に、飲食費や寺院へ支払う費用なども含まれます。
ただし参列するのが身内だけの場合は通夜や告別式の後に会食を行わないケースもあり、飲食の費用がかからない分、安く済ますことができます。
また読経を行わず僧侶を呼ばないで葬儀をする場合も費用が安く済みます。
このように一般の葬儀に比べ費用がかからないというメリットがありますが、参列者が少ない家族葬だからこそ支払いの負担が増えることも出てくるためその点を理解しておくことが大事です。
その理由の一つに家族葬のように参列者が少ない場合は香典も少なくなり、かえって負担が増えてしまうということが挙げられます。
また葬儀社によってプランの内容や料金も異なるため、事前に葬儀社に見積もりを取り比較検討することも大切です。

Page Top