前へ
次へ

密葬との勘違い、正しく家族葬の言葉を使って

家族葬は、密葬と間違って認識している人も割と社会に多くいます。
密葬そのものが、正しく認識されていない話でもあるかもしれません。
密葬は、身内だけで簡単に葬儀を終わらした後に、後に本葬を行う話でもあるのです。
密葬と伺った中で、正しく理解している人の中には、後に本葬があるのかと思われる人もいるでしょう。
家族だけでの密葬で終わらしては、言葉としては成り立っておらず、家族葬で終わらせたと使うのが正しい言葉でもあります。
家族葬の言葉の意味として、直葬と勘違いされている人もいるかもしれません。
直葬は、よりシンプルであり、通夜や葬儀を行わず、火葬のみで行う内容もあります。
家族葬は、流れとしては、実際の葬式と同じであり、人数が多いのか少ないのかの違いでもあるのです。
これらの違いをしっかりと認識しておくのが大切であり、生きている人や亡くなった故人が悔いを残さないためにも必要な知識でしょう。
直葬に至っては、亡くなれば直ぐに火葬が出来るのではなく、法律によって、人が亡くなれば24時間は火葬ができない知識を持ち合わせておくのも大切です。

Page Top